忍者ブログ

SEO対策コーポレートサイト

SEO対策コーポレートサイト。SEO対策以外の話題が中心。Google SEO情報も偶に。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全てのメインブログに「強制更新日」を設定し「リズム」を作る。「不定期更新」は「更新しない」と同義

メインブログ群に関しては固定で更新する日を指定した方が良い。
「不定期更新」というのは、イコール「ずっと更新無しでもOK」という意味になる。

2011年11月17日現在、トンちゃんのメインブログ群にも一つだけ「不定期更新」ブログがある。
トンちゃんSEO対策ナウ(http://seo.tonken.biz/now/ )がそれだ。
トンちゃんSEO対策ナウには不定期更新と書いてあるので、言ってしまえば「更新しなくても良い」という事になる。

実際、固定の更新日を設けて無いので、ズルズルと更新しない日が続いている。
トンちゃんSEO対策ナウに関していえば、「固定更新日」を設けなかったせいで「更新しない事が習慣」になりつつある。

固定更新日を作るとブログ更新にリズムが生まれる。
この「リズム」というものが何をやるにも非常に重要になってくる。
「リズム」は「成功」と切っても切り離せない関係にある。

ブロガーのうちで、固定更新日を設けてブログ運営をしている人は非常に少ないと思う。
殆どのブロガーは「不定期更新」スタイルでブログを更新しているため、一旦ブログ更新の日数が開いてしまうと「ブログを更新しない事」が習慣になり、そのまま「放置」に最後は行き着く。

そこでメインブログで重要になってくるのが「定期更新」である。
全てのメインブログ群に必ず「定期更新日」を設定する事が大事だ。
「全てのメインブログ」に強制更新日を設けるのがポイントだ。

とくかく「全て」のメインブログ群である。
メインブログ群に関しては一つの例外も設けてはいけない。
メインブログの全てに「定期更新日」を設けるのがポイントだ。
全メインブログに必ず更新する強制更新日を作り、各ブログに「リズム」を持たせるのである。

成功するものには必ず「リズム」がある。
「リズム無くして成功無し」と言ってよいほど、本来「リズム」というものは重要だ。
成功するブログの要因の一つもこの「リズム」だ。
成功するものにはリズムがある。

繰り返しになるが、「不定期更新」は「更新しない」と同義である。
更新しなくて良いブログの行き着く先は決まっている。
終着駅は「成功」では無く「放置」である。

今回言いたかった事をシンプルに纏めるとこうなる。

・不定期更新⇒更新しない⇒放置
・定期更新⇒リズム⇒成功

では、また明日。
良い今を!!



ビジネスブログは「書かねばならない事」に集中。ビジネスブログで溜まったストレスは個人ブログで発散
 

情報発信には「書かねばならない事」「書きたい事」「書けるようにならねばならない事」の3つがある。
ビジネスブログでは、この内の「書かねばならない事」と「書けるようにならねばならない事」の2つが重要だ。

ビジネスブログでは「書かねばならない事」を確り網羅し、同時に「書けるようにならねばならない事」が実際に書けるようになるよう自分の能力を日々高めて行かねばならない。
ビジネスブログでは「書きたい事」は必ずしも重要では無い。
「書きたい事」が「書かねばならない事」と重なるのであれば其の部分は重要だが、それ以外の部分は重要では無い。

ビジネスブログの情報発信者の「書きたい事」の多くは「其のビジネスブログ」で「書かなくてよい事」であったり、「書いてはいけない事」であったりするのが普通だ。
「書かなくてよい事」や「書いてはいけない事」をビジネスブログに書いてしまうと、貴ビジネスにおいてプラスにならないだけで無く、マイナスになってしまう場合もある。
ビジネスブログでは「書かねばならない事」や「書けるようにならねばならない事」が重要なのであって、「書きたい事」は重要なわけでは無い。

ビジネスブログではあるテーマに関して、書きたかろうが、書きたくなかろうが、「書かねばならない事」を書かねばならない。
たとえ貴方が「書きたくなく」ても書かねばならない。
貴方が「書きたくない事」をビジネスブログに書いて行くと当然だがストレスが溜まる。

基本的にビジネスブログは長く運営すればするほどストレスが溜まる。
始めは其のテーマに関する記事を好きで書いていたとしても、何年も経てば熟練し過ぎて其のテーマ関連の事は自分にとって空気同然の事となる。
空気同然になってしまうと、逆に其のテーマに関する記事を書く事に苦痛を感じ書きたくなくなるのが普通だ。

しかし、ビジネスブログはあくまで「ビジネス」である以上、其のテーマで記事を書かねばならない。
ビジネスブログでは、テーマに沿って「書かねばならない事」を記事にして書くのが「仕事」である。
「仕事」とは「しなければならない事」の事だ。

ビジネスブログで「書きたい事」と「書かねばならない事」が重なっている時は苦痛は何も感じないだろう。
むしろこの状態では「書きたい事」を書けば書くほどストレスは発散される。
しかし、それは何時までも続かない。

いずれは、そのテーマに関して記事を書く事に苦痛を感じるようになり、書けば書くほどストレスが溜まって行く状態になる。
この状態に達してしまった場合でもビジネスブログでは、今まで通りテーマに沿った「書かねばならない」内容の記事を投稿せねばならない。
しかし、書けば書くほどストレスは蓄積されて行く。

ここでどういう対処法をとれば良いか?
答えは、「個人ブログを立ち上げ、そちらで書きたい事を『自由』に書く」事である。
「書きたい事」は書けば書くほどストレスが発散されて行く事は先ほど述べたが、これを上手く利用するのだ。

トンちゃんも何年もSEO対策ばかりやってきたので、正直言えばあまり「SEO情報」に関しては書きたく無い。
空気・呼吸同然のSEOについて書くのは苦痛だ。
しかし、トンちゃんがビジネスブログで「SEO情報」の発信するのは「仕事」である。

となると、トンちゃんもストレス発散のはけ口が必要になる。
それが「個人ブログ」だ。
個人ブログでは「自由」に自分の「書きたい事」を書けばストレスは発散されて行く。

蓄積されたストレスは放置しておけば自然に消えて行くだろうか?
それは「無い」。
自分の外に出さなかったストレスは確実に無意識下に積み上がって行く。
その蓄積されたストレスが一定レベルに達すれば「無意識の行動」や其の他の形をとって表面に出てくるようになる。

蓄積されたストレスは精神・肉体の両面にいずれは見える形で顕れるようになる。
精神病などはその一つの形だ。

ビジネスブログを長く運営するとストレスを抱えるようになる。
「その発生したストレスを自分の外に押し出し消滅させられるか?」がビジネスブログを長く運営する上で重要になってくる。
要はストレスマネジメントだ。

このビジネスを通じて溜め込んだストレスを捌けるのに役立つのが「個人ブログ」である。
個人ブログでは文章は敬語である必要もない。
ブログにテーマを設ける必要もない。

個人ブログでは、ただひたすら「自由」に「書きたい事」を書けば良いのだ。
色々な制限を課せば、それがストレスに変わる。
制限を課さずに個人ブログを運営するのがストレス発散のコツだ。

但し、個人ブログはビジネスサイトとは完全に分離して運営する必要がある。
個人ブログがビジネスサイトに悪影響を及ぼさないよう確りとビジネスとは「分離」して運営する事が大事だ。
トンちゃんが個人サイトを「トンちゃん」ブランドで運営し、企業サイトを「トン研」ブランドで分離して運営しているのも、その一つの例だ。

では、また明日。
良い今を!!

(トンちゃん)[トンちゃん経営研究所]
【コンサルティング会社@トンちゃん経営研究所】

衛星サイト制作 サイト集客 トンちゃん経営研究所

格安SEO

SEO情報

SEOサービス検索エンジン最適化SEOコンサルティング外部リンク被リンクバックリンクSEO料金SEO 格安SEOブログSEO 低価格SEO 費用

PR

メインブログ群のプライオリティ。ビジネス用の企業ブログを重視し、個人ブログは軽視。優先順位設定

メイン系のブログは重要度に応じて更新頻度を変えて行く必要がある。
重要度の高いブログであれば更新頻度を高めるか、もしくは更新頻度は低くとも質の高いコンテンツをブログに投下して行く事が大事だ。
逆に、重要度の低いメイン系ブログに関しては、更新頻度を下げるか、もしくは更新頻度は高くとも質の低いコンテンツをブログに投下して行く形をとれば良い。

重要度の低いメイン系ブログでは、常連読者の訪問頻度もアクセス解析でチェックしながら更新頻度や更新回数を決めると良い。
常連読者の訪問頻度が低めのブログでは更新頻度は落とし、浮いた時間を別の重要事項に配分した方が「全体」ではプラスと出る。
常連読者の多くが4日に一度訪問してくるなら、ブログの更新頻度も4日に一度十分。

トンちゃんの場合は、重要度の高いブログはいうまでも無く「トン研」の企業ブログ群である。
「トン研SEO対策ブログ」(http://seo.tonken.biz/blog/ )や「トン研SEO対策ナウ」(http://seo.tonken.biz/now/ )などがそれに当たる。
ビジネスが絡む企業ブログは重要度が当然高くなる。

一方、ビジネスが絡まないtonchann.com ドメインの「トンちゃんイマ」(http://tonchann.com/ima/ )などは重要度が下がる。
メインブログ群を重要度順に分けた上で、重要度の高いブログの更新活動に支障が出るようであれば、重要度が低いブログの更新頻度や更新回数はどんどん下げて行く形をとれば良い。

メイン系ブログでもビジネス用の企業ブログは「重視」、ビジネスに繋がらない個人ブログは「軽視」という風にブログごとに重要度の高低を設定しておくと「どのブログに時間を優先配分すべきか?」の判断・意思決定で役立つ。



ブログ更新は個人ブログより企業ブログ(ビジネスブログ)を優先する
 

ブログには二種類ある。
一つが個人ブログ。
もう一つが企業ブログ(ビジネスブログ)だ。

ビジネスを自分でやっている場合、どちらのブログを中心に回した方が良いだろうか?
答えは「企業ブログ」(ビジネスブログ)である。

個人ブログはビジネスと関係が無いため、幾ら更新しても売上には繋がらない。
個人ブログは「自己満足」や「社会貢献」や「顧客に自分自身を知ってもらう」のには役立つがビジネスでは無くても全く困らないブログだ。

確かに一部の顧客はそのビジネスを運営する「人」自身に興味関心を持つようになるが、そういった方は非常に少ない。
貴サービスや製商品を利用する多数の顧客は、サービスや製商品には興味関心を抱くが、そのサービスや製商品を運営する大元の企業や人(経営者)には興味を抱かない。
多数の顧客はサービスや製商品に関心があるのであって、其のサービス・製商品を展開する企業経営者自身に興味関心を持っているわけでは無い事は、実際に企業経営者が個人ブログを運営すれば体験を通じて理解する事ができるだろう。

多くの顧客にとって重要なのはあくまで、貴社のサービスや製商品なのだ。
それらのプロダクトを支えている裏にいる「人」になど興味は無いのだ。
ゆえに、個人ブログを精力的に更新してもあまり意味は無い。
個人ブログ更新に費やした時間に見合うリターンは得られないだろう。

企業経営者が「企業ブログ」(ビジネスブログ)と「個人ブログ」の両方を運営しているのであれば、「企業ブログ」(ビジネスブログ)の方を重視して更新して行くと良いだろう。
納得がいかないなら実際に「個人ブログ」中心に更新して行けばいい。

個人ブログには貴方のビジネスの一部のファンしか集まらないだろう。
問題さえ解決すれば良いと思っている貴ビジネスブログの大半の読者は、貴個人ブログの方は読まないだろう。
ブログ更新は個人ブログよりも企業ブログで重点的に行った方がビジネスでは良い結果に繋がる。

ブログ更新では、企業ブログ(ビジネスブログ)の更新を優先して行い、時間が余っているようであれば個人ブログを更新するような形をとると良い。
時間が余らないようであれば、個人ブログは全く更新しなくともビジネスの売上には差支え無い。
ビジネスで重要なのは個人ブログでは無く、企業ブログ(ビジネスブログ)の方である。

個人ブログを定期的に更新しているために、企業ブログの更新に差支えが出るようであれば、個人ブログの更新頻度は下げれば良い。
重要なのは企業ブログの方なのだから。

では、また明日。
良い今を!!

(トンちゃん)[トンちゃん経営研究所]
【コンサルティング会社 トンちゃん経営研究所】

衛星サイト Webサイト集客 トンちゃん

SEOマニュアルトンちゃんGoogle SEOマニュアル

トンちゃん経営研究所SEO対策SEO最新

保険見直し相談保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店

Yahoo SEO

 

年齢が上がるほど新聞、年齢が下がるほどインターネットで情報収集する人が増える。テレビ全世代で1位

年齢が上がれば上がるほど、情報収集は新聞の利用率が上がる。
逆に年齢が下がれば下がるほど、情報収集はインターネットの利用率が上がる。

全年齢層に共通して利用率が高い情報収集媒体は1つしかない。
それが「テレビ」。
今でもテレビの力は絶大。

全年齢層に働きかけられる媒体はテレビをおいて他にはない。
最強の広告宣伝ツールが「テレビ」。
テレビは確かにタイムシェアをインターネットに奪われているが、それでも今なお全世代に対して大きな影響力を保持している。

高齢層に企業の製商品・サービスを売り込もうと思うなら、やはりテレビ・新聞というマスメディアを押さえる必要がある。
逆に高齢層以外の世代を狙って企業の製商品・サービスを売り込もうと思うなら、テレビというマスメディアとインターネットメディアの両メディアを押さえる必要がある。
インターネットメディアには具体的には、産業メディア・ソーシャルメディア・主要検索エンジンなどがある。



若年層・中年層が標的ならテレビとインターネット重視でプロモーション展開。高齢層はテレビと新聞が要
 

”若年層や中年層に自社のサービスや製商品を売りたいなら、テレビとインターネットにプロモーション費用を重点的に充てる。
高齢層に自社のサービスや製商品を売りたいなら、テレビと新聞にプロモーション費用を重点的に充てる。”

プロモーションの方向性としてはこれが正しいといえる。
年齢層別のメディア利用動向をみると、若年層や中年層では情報収集手段の1位がテレビ、2位がインターネットだ。
高齢層の場合は情報収集手段の1位がテレビ、2位が新聞。

全年齢層で大きな影響力を持っているのが依然としてテレビだという事が分かる。
注目すべきは、若年層・中年層の情報収集ではインターネットが大きな影響力を持っているという点。
若年層や中年層がビジネスのターゲットなら新聞に宣伝広告費を大量に投ずるよりもインターネットに広告宣伝費を回した方がより高いプロモーション効果が得られる。



「トンちゃんナウ」から「トンちゃんイマ」へ脱皮。当ブログ引越しのお知らせ
 

「トンちゃんナウ」を始めて一か月経たない無いが、検索エンジン経由で結構訪問者が来るようになった。
が、ここで「トンちゃんナウ」は引越しと^^;。

このトンちゃんナウに投稿した記事の本数は、この記事を含めて64本。
衛星サイト(サテライトサイト)であれば十分な力が備わる記事の本数だ。
このブログは衛星ブログでは無く、トンちゃん個人のメインブログなのでSEOの被リンク効果は特に期待していないが。

前にも話した通りで、このドメインtonchann.netはトンちゃん個人の終着ドメインでは無い。
tonchann.net ⇒ tonchann.com ⇒ tonchan.biz の順に個人ドメインの方は歩を進めて行く予定だす。
終着ドメインはtonchan.bizの予定だが、tonchann.comを終着駅にするかもしれない。
実際にやってみないと分からない事も多いので一応方向性だけ示した次第。

というわけで、常連の読者さん申し訳無いが「トンちゃんナウ」の後継ブログ「トンちゃんイマ」(http://tonchann.com/ima/ )をお気に入りブックマーク登録よろしくどうぞ^^。
今後はトンちゃんイマでは更新頻度は一日一回の強制更新のみの予定。

いままでは、トンちゃんナウで一日数回更新する事も多かったが、常連さんも大体一日一回の訪問頻度だったので、それに合わせる形でブログの新記事投稿は一日一回に固定しようと思う。
記事の質を下げて一日複数回更新するスタイルから、記事の質を上げて一日一回更新する情報発信にスタイルで行ってみようかなと^^。

読者の動きをアクセス解析で見ていると、どうも読者さんは「質」を求めているようなので。
更新頻度よりも「質の高さ」を読者は重視している模様。
とはいっても、「トンちゃんウェブログ」よりは更新頻度が高い分だけ記事の質は落ちると思う。

同じ日に書いた残りの記事は全てサテライトサイト(衛星サイト)の記事に回す予定。
では、また明日「トンちゃんイマ」で記事更新ということで^^/ 。
良い今を!!

(トンちゃん)[トンちゃん経営研究所]

サテライトサイト作成 ネット集客 SEO対策トンちゃん

SEO対策SEOYahoo SEO対策Yahoo SEOGoogle SEO対策Google SEO

作成Web制作ホームページ制作HPホームページ作成HPBlogビジネスブログビジネスブログ制作Blogビジネスブログ作成Blog

PDF SEO対策

  

フリーエリア

★★おすすめサービス★★
 
【検索エンジン対策】
【申込み&問合せ,SEOサービス】
《外部リンク》
『トンケン経営研究所 集客事業本部 SEO事業部』
http://seo-pig.com/
 
※SEOサービス申込ホームページ
※SEO=Search Engine Optimization=検索エンジン最適化
 
【おすすめ,SEOサービス名】
・『検索上位表示豚』
※SEOサービス名
 
【概要&料金,検索上位表示豚】
激安・低価格ながら検索エンジン上位表示能力が高い格安・高品質サービスを提供。
毎月定額13,000円のみで同じサイト内の最大4枠(4URL・4キーワード)の同時SEO対策が可能。※2014年5月31日時点。
 
初期費用無し、月々13,000円のみの検索エンジン上位表示サービス。
サービス終了後も外さない被リンク獲得代行で上位表示と上位維持の同時実現。
毎月異なる新サテライトサイト(新式 衛星サイト)群を使った被リンク対策により継続するほどに対策URLの被リンク蓄積が進む。(蓄積効果)
 
契約は1カ月単位で長期契約等の縛りは一切無し。
月末までに翌月分料金を入金すれば自動で契約更新、入金が無ければ月末にて自動でサービス利用終了。
 
利用月数に制限は無く何カ月でも何年でも継続利用可能。
1位表示を達成するまで継続可能。
※最新のSEO料金は上記リンク先でご確認ください。
 
【SEO実績,顧客サイト】
Yahoo検索(YST)・Google検索・Bing(ビング)検索等の主要検索エンジンでの1位表示および10位内表示実績、大量にあり。
月間検索数が10万越えのビッグキーワードでのYahoo 1位表示実績あり。
 
【SEO対策流れ,検索上位表示豚】
1,入金確認後、お客様より提示頂いた「対策URL・キーワード一覧」の「内部SEO状況をチェック」し、「問題箇所」「リスク」を識別(発見)・分析・評価し、対応策(対応方法)を提案
 
2,「内部SEO状況のチェック」では「コンテンツSEO」「HTML要素SEO」等の「出来」具合を点検・診断
 
3,「内部SEO状況のチェック」完了後に「被リンク対策」開始
 
4,目標順位で「安定」するまで毎月「被リンク対策」の繰り返し
 
【特徴&補足,検索上位表示豚】
1,サービス提供後も外さない「固定 被リンク」の獲得代行(※サービス終了後も被リンクを外さない契約)
 
2,指定URLを指定キーワードで安定上位表示・安定1位表示させるまで毎月「適度」に新規被リンクを供給
 
3,毎月、安全度の高い「新式の衛星サイト」(最新型のサテライトサイト)群から安全度の高い「新式の被リンク」(最新型のバックリンク)群を供給
 
4,ご質問・相談あれば、対策URL・キーワード群の「範囲内」で内部SEO・外部SEOの「コンサルティング」(診断・助言・提案・相談・戦略・スキーム・戦術・手法 等)提供
 
5,検索エンジン経由の新規集客・マーケティング(SEM)の包括的なアドバイス
 
6,対策キーワード選定や対策URL選びの助言・アドバイス
 
7,SEO作業で便利なツール紹介
 
【スローガン,SEMサービス&SEOサービス】
・『高品質・中長期・強勢』
※トンケン経営研究所 SEO事業部の「固定スローガン」

最新記事

(05/05)
(05/04)
(05/03)
(05/02)
(05/01)
(04/06)
(04/05)
(04/04)
(04/03)
(04/02)
(04/01)
(03/06)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/06)
(02/05)
(02/04)
(02/03)
(02/02)
(02/01)
(01/06)
(01/05)

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

【外部リンク】
フレグランス ディフューザー香り
美容室用香り
azul店内の匂い香り
西宮市内 中古マンション
西宮市内 一戸建て
西宮市内 土地
データ変換移行,システム移動引越しサービス
プログラマー・システムエンジニアの求人募集
アンテナ工事埼玉県 地デジ
ゴルフ グリップ交換
パターグリップ交換
ゴルフ シャフト飛距離
えがおの青汁楽天安い
えがおの青汁お試し体験
えがおの青汁価格安い
ジェルネイルキットおすすめ
ジェルネイル 始め方 初めて
ジェルネイル 自分でセルフ
ニキビ大人にきび
にきびダンディハウス ニキビ
ニキビ オールインワンにきび
doroawawaどろあわわ楽天
一人の時間ひとり
一人カラオケひとり
一人居酒屋独り
休日の過ごし方ランキング人気
一人ゴルフひとり
一人 バー独り
一人旅独り
街歩き独り
一人登山独り
不労所得継続収入
事務機リース業務用
ビジネスホン リース電話
複合機リース オフィス
ファッション服コーディネート
ファッションコーディネートサービス
パーソナルスタイリスト女性
医院病院経営
医院薬局Facebookページ作成
医院薬局開業
成田市八街ヘアサロン
美容室(ユーカリが丘,臼井,志津)
LED蛍光灯照明
オイルマッサージ大阪メンズ
鼠ねずみ駆除
東京ねずみ駆除
東京都害虫駆除業者
シアリス購入通販
シアリス通販ジェネリック
バイアグラの個人輸入
サプリメント足むくみ解消
脚のむくみ原因診断
手元供養サービス
手元供養お墓
遺骨粉末手元供養
渋谷合法ハーブ通販
メンズ脱毛男性
ヒゲ脱毛永久
フィリピン講師オンライン英会話
銀行のカードローン
金 借りる
今日即日融資
大阪オイルマッサージ メンズ男性
整体師 清水区
レビトラ購入
バイアグラ通販
バイアグラ ソフト販売
ヒーリング東京都池袋
ヒーリング講座ワークショップ
ヒーリング料金費用
バイナリーオプション 口座開設申込
外為オプション取引
初めてバイナリーオプション初心者
セルフジェルネイルセット
UVライトLEDライト違い比較
ハードジェル ソフトジェル違い比較
電話占いクチコミ
三重岐阜の重量物運搬
Copyright ©  -- SEO対策コーポレートサイト --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]